コラム

2021.11.30

養育費と婚姻費用の違い

「養育費」はよく使われていますが、「婚姻費用」をご存じでない方も多いです。
「養育費」は、離婚が成立した元夫婦(子から見たら父母)間で用語で、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。
これに対し、「婚姻費用」は、婚姻期間中の夫婦間で使われる用語で、夫婦や子の生活費などの婚姻生活を維持するために必要な一切の費用のことをいいます。
例えば、配偶者が必要な生活費を一切渡してくれないような場合に婚姻費用を請求することになります。

どちらも収入が少ない方が多い方に対して請求するものですが、誰の生活を支えるためのものかが変わってきます。
「養育費」は子のためですが、「婚姻費用」は子だけではなく収入の少ない方の配偶者も援助する対象に含みます。
援助の対象者が「婚姻費用」の方が多いため、両者の年収を同じ条件で試算した場合に「養育費」の額より「婚姻費用」の額の方が多くなります。
そのため、経済的な理由から収入が多い方は早期の離婚を、収入が少ない方は離婚の不成立を望む場合もあります。
2021.10.19

年間ご相談件数200件超え

小藤法律事務所は開所して2年が経ちました。
令和2年10月から令和3年9月までの1年間に200件超のご相談をいただきました。
新型コロナウイルス感染症の流行で皆様大変な時期にも関わらず、ご相談いただきありがとうございました。

北区や板橋区、豊島区にお住いのご相談者様が多いです。
ただし、東北や四国など遠方にお住いの方からもご依頼いただいております。

私たちが毎日の生活の中でトラブルなく過ごしていけるのがもちろん一番ですが,予想していなかったことが起きることもあります。まだ本格的な紛争になっていなくとも、弁護士に相談することでご相談者様が考えていなかったリスクに気づき、対策を取って行くことも可能になります。
ご相談者様は、初めて弁護士に相談するという方が多数です。弁護士に相談するか悩むような段階であっても、遠慮なくご相談ください。
ご相談者様に納得していただく解決ができるように日々努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。